たった一人にでもいいから誰かしらに役に立つ情報を書いていこうと思います。できればたくさんの人に役立てばありがたいです。話題の出来事やネットビジネスなどについてのことが多くなると思います

誰かの役に立つ情報サイト

お得なクレジットカード

ビックカメラSuicaカードを作りました

更新日:

ビックカメラSuicaカードというのを作ってみました。

作った理由は、Suicaが欲しかったからです。

Suicaはすでに1枚持っているのですが、もう1枚必要になりました。

理由は、夫婦で大阪にちょっとした旅行に行くことになり、妻のSuicaも欲しいと思ったからです。

もう1枚を普通のSuicaを買っても良かったんですけども、そもそもSuicaは東京に行った時に買ったものでして、私の地元では買えるものではありません。
そして、Suicaって500円かかるんですよね。これってSuicaを返したら返ってくるお金みたいなんですけども、Suicaを持っている限りは500円を預けっぱなしということなんです。

まあ大阪に行った時にICOCAを買うという選択肢もあるとは思うのですが、行く前に手に入れたほうがすぐに使えるし、買う手間が省けますよね。Suicaを買ったときは、行列に並んで買いましたので、もしICOCAでも行列ができていたら面倒です。旅行先では何よりも時間が大切ですからね。

ということで、普通のSuicaを手に入れるには500円がかかるのと、そして東京まで買いに行かなきゃならないのということで、Suica機能が付いたクレジットカードを作ってみることにしました。

Suicaの機能が付いたクレジットカードは何種類かあると思うのですが、私がその中でもビックカメラSuicaカードを作った理由は、年会費です。

ビックカメラSuicaカードは、初年度の年会費は無料です。2年目以降の年会費は477円ということにはなっていますが、これを無料にすることができます。年に1回でもカードを利用したら年会費が無料になるんです。
実質、年会費無料で使うことができるんですよね。これはうれしい。

家に居ながらにして、無料でSuicaを作れるという便利さもいいですよね。

オートチャージについて

ビックカメラSuicaカードを作るにあたり、「オートチャージ」の機能をつけるかどうか選択できます。

オートチャージというのは、改札を通るときに残高が少なくなっていたら、自動的にチャージをしてくれるという機能です。これがあれば、残高不足のために改札で止められるということはありませんし、自分でチャージするという手間も省けます。

オートチャージは便利だと思いまして、私も付けたんですけども、オートチャージができるのは、Suicaのエリアの改札に限られているみたいです。
オートチャージができるのは、首都圏、仙台・新潟エリアのSuicaエリアと、首都圏の私鉄・地下鉄のPASMOエリアということです。

私は大阪で使おうと思っていたのですが、大阪の改札ではオートチャージができないということがわかりましたので、事前にチャージをしておきました。大阪に着いてから、券売機で普通にチャージすることもできます。

オートチャージを付けると、最初の設定が、「1000円以下になったら3000円をチャージする」という設定になっています。
この設定は、それぞれ1000円以上10000円以下の範囲で変更することができます。最小だと「1000円以下になったら1000円をチャージ」、最大だと「10000円以下になったら10000円をチャージ」ということですね。この範囲で1000円単位で自由に設定ができます。

このオートチャージの設定変更ですが、「VIEW ALTTE」という駅にあるATMでしかできません。VIEW ALTTEはSuica圏内の地域だとたくさん置いてあるんでしょうけども、他の地域だと少ないか、ぜんぜんないんですよね。
私は北海道なのですが、北海道は札幌駅と新千歳空港駅の2ヵ所にしかないみたいです。
VIEW ALTTEの置いている場所は、こちらのページで確認ができます。
https://www.jreast.co.jp/card/guide/atm/

まあ、どっちみちオートチャージが作動するのはSuica圏内の地域ですので、その地域にもし行くことがあれば、その時に変えたらいいでしょうけどね。

VIEW ALTTEでオートチャージの機能を停止することもできます。

クレジットカードからチャージ

ビックカメラSuicaカードはクレジットカードですので、現金がなくてもSuicaにチャージをすることができます。

クレジットカードからチャージをする方法としましては、「オートチャージ」と「VIEW ALTTEでチャージ」と「Suicaインターネットサービス」の3種類だと思います。他に方法があれば教えてください。

オートチャージについては上記でも書いてますが、改札を通る時に自動的にチャージしてくれるという機能ですが、この時にクレジットカードからチャージしてくれるということです。

VIEW ALTTEを使えば、自分の好きな額をクレジットカードでチャージすることができます。

そして「Suicaインターネットサービス」ですが、こちらのサイトでSuicaを登録したら、クレジットカードでチャージをすることができます。
ですが、Suicaインターネットサービスを使うには必要なことが何点かありますので、ちょっとくわしく書いてみます。

Suicaインターネットサービスについて

Suicaインターネットサービスというのはこちらのサイトです。
https://www.jreast.co.jp/suicainternetservice/

こちらはパソコンかiPhoneで利用できるサイトです。私はパソコンで使いましたので、iPhoneについてはよくわかりません。

で、パソコンで使うにもiPhoneで使うにも、「パソリ」という機器が必要です。
iPhoneだと、「RC-S390」というモデルのパソリが必要ですのでご注意ください。
逆にRC-S390はパソコンで使えないので、パソコンで使う方は「RC-S380」のパソリを使ってください。

私はたまたまパソリを持っていましたので使いましたが、持っていなければ買わなければなりませんので、このためだけに買うのであればどうなのかなと思います。
パソリは他にもEdyなどでも使えるので、必要かどうかはご判断ください。

私のパソリは「RC-S320」という古いモデルなのですが、Windows10で問題なく使えています。

これから買おうと思っている方は、楽天とかで安く売っています。私がチェックしたときは、amazonよりも楽天の方が安かったです。
パソコンの方は「RC-S380」を、iPhoneの方は「RC-S390」を買うようにしてください。
楽天でパソリを検索

あと、パソコンでパソリを使うには、ブラウザはインターネットエクスプローラーを使わなければいけないみたいですね。
私は普段、グーグルクロームを使っているんですけども、何回やってもパソリが作動しないので、どうしたものかと思っていました。

そういえば、昔にEdyをパソコンで使ったりチャージしたりしたときも、インターネットエクスプローラーじゃなきゃだめだったな~と思い出しました。

まあ、Suicaインターネットサービスは、Suicaをそれほど使うわけではない私にとっては、そんなに必要なものではないですね。Suicaの使用履歴を見たりするくらいですかね。
ですので、Suicaをそんなに使わないということであれば、パソリを買ってまで登録しなくてもいいのかもしれません。

ちなみに、ビックカメラSuicaカードからSuicaをチャージした場合、ビックカメラSuicaカードのポイントが3倍もらえるそうです。
他にもオートチャージや乗車券の購入などでもポイントが3倍になるということですので、JRをよく利用する方には、ポイントが貯まりやすいカードかもしれませんね。

私はそんなにJRを利用するわけではありませんので、たまにSuicaとして使うのが目的でして、ポイントはそんなに気にしてません。

ということで、ビックカメラSuicaカードを実際に作ってみて、いろいろわかったことを書いてみました。
他にも何か疑問な点がありましたら、コメントにてお知らせください。

大阪に行ってSuicaを使いましたが、やっぱり作って良かったです。コンサートに行ったのですが、帰りは券売機の前に行列ができていました。

-お得なクレジットカード

Copyright© 誰かの役に立つ情報サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.