たった一人にでもいいから誰かしらに役に立つ情報を書いていこうと思います。できればたくさんの人に役立てばありがたいです。話題の出来事やネットビジネスなどについてのことが多くなると思います

誰かの役に立つ情報サイト

社会保険

社会保険の節約方法

更新日:

社会保険の節約方法をいくつか上げてみます。
社会保険とは、健康保険、介護保険、厚生年金保険のことです。

社会保険料は安いほうがいいですよね。会社側なら確実にそうです。
従業員からしても、安いほうがいいという方が多いと思います。

厚生年金保険料は、将来の年金額に反映されるものですから、社員の立場から見たらまだいいですけども、健康保険料と介護保険料に関しては、いくら払っていてもなんらメリットはありません。
会社側から見たら、もうどっちも安く抑えたいですよね。

給料を決めるときに気をつけること

給料を決めるときや昇給の時ですが、ここで気をつけたいポイントがあります。

それは、「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」の報酬月額の数字です。

社会保険料は給料の額で決まりますが、毎月の給料をもとに細かい計算はしません。計算が大変になるからです。

社会保険料を決めるにあたり、保険料の基となる金額を何段階かに分けてあり、給料の額がそれぞれの等級のどこの範囲になるかで決まります。
具体的に説明しますと、195,000円の給料の人がいたとします。
この金額を、保険料額表のどこの部分になるかを確認します。

この場合、195,000~210,000円の範囲に入ります。
そしてこの範囲の人は、報酬が200,000円として社会保険料を計算することになります。
195,000円の人も、209,999円の人も、同じ保険料とになるんです。

ですので、この場合の下限である195,000円に給料を設定してしまうのが、一番損なケースです。
195,000円というのは、ちょうど報酬月額の境い目なんです。
もし100円減らして194,900円という給料に決めたとしましょう。
するとこれだけで、保険料が1等級低くなり、月に千数百円安くなります。
年間だと1万数千円も安くなります。

給料を決める時は、保険料額表を見て、境い目を見ながら決めたほうがいいと思います。

4月5月6月に残業をしない

社会保険料というのは、毎年保険料の見直しがあります。
4月5月6月に払われた給料の平均を出して、それで1年間の保険料が決まります。

ここで残業が多いと、給料も多くなりますので、その後の1年間はずっと高くなった保険料を払うことになります。
残業は仕事をする上では仕方がなくコントロールが難しいかもしれませんが、やはりここは把握しておくことで意識も違ってきますので、会社も従業員も知っておいたほうがいいと思います。

ここで言う4月5月6月というのは、支払われる月のことです。
例えば給料の払い方が、末締めの翌月25日払いだったとします。
これだと、3月に働いた分を4月の25日に支払いますよね。支払われる月で見るので、これが4月分になります。

まとめ

簡単に保険料を安くできるのはこの二通りかなと思います。
1つ目の、給料を決めるときのものは、どの会社でも実践できると思いますのでやってみてください。
わからない場合はコメントをください。わかりやすい文章になるようがんばります。

-社会保険

Copyright© 誰かの役に立つ情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.